歌い手のバラッド 第9話/第10話

歌い手のバラッド 第9話/第10話

2024年7月2日発売、サークル「クジラックス」制作の「歌い手のバラッド 第9話/第10話」の最新ダウンロード情報です。

作品の内容

歌い手のバラッド 第9話/第10話
歌い手のバラッド 第9話/第10話
歌い手のバラッド 第9話/第10話
歌い手のバラッド 第9話/第10話
歌い手のバラッド 第9話/第10話
歌い手のバラッド 第9話/第10話

作品の説明

※はじめに※
この漫画は、コミックLO(茜新社)で連載していた『歌い手のバラッド』シリーズ(FANZAブックスにて単話配信中)の「最終話」の手前のエピソードであり、同人誌で出した「第8話」(FANZA同人で配信中)に続くエピソードです。

今回は

・主人公「聖亜」の初恋の相手「月野さん」の動画の続編を描いた「第9話」(32p)

・聖亜が歌い手になった過程を描いた「第10話」(38p)

の、2話分を同時収録しています。

物語佳境のエピソードを後から同人で発表するという、ややこしい順番になってしまいましたが、長年欠けていた『歌い手のバラッド』が、ようやくひとつなぎになりました。
よろしくお願いします。

作品の詳細情報

配信開始日2024/07/02 00:00
利用期限無期限
ファイル容量54.7MB
ページ数79ページ
シリーズ歌い手のバラッド
題材オリジナル
タグ体操着・ブルマ 中出し 縛り・緊縛 イラマチオ 感動 少女 言葉責め シリーズもの 男性向け 成人向け 潮吹き 目隠し 新作

コメント

  1. めーやん

    すごく良かったし、過去作と一緒に読むとより良い

    歌バラの最終話と8話の間。すごくよかった。
    やっていることがやっていることなので良いことなわけはないんだけど、これは彼なりの立ち上がりの話であって無責任に責められるようなものでもないんだよな。やっていることは良いことではないんだけど。

    あと過去作を読み返してみると某Pはちらほら登場するし、こういう巡り合わせってあるんだなと思っています。

  2. りょうま りょうま

    流石クジラックス

    相変わらずの力作で感動させてもらった。

    ここが最終話でもいいくらいでした。
    ろりともやわんぴーすのようないい話ふうの結末でした。
    次のシリーズに期待したい・・・・

  3. みやこ

    まさかの、みゅ~ずPが…

    「もしも」のシーンが流れた時感情ぐちゃぐちゃになったし、師匠の丸パクリしてんの結局根が真面目なんだなとなる
    2525のリアルさを描いてくれてありがとうこざいます

  4. まきもどし まきもどし

    良かった。

    とりあえず9話はどちゃシコの内容で使いやすい。
    10話は全体を通して「歌い手のバラッド」という物語を〆ていく感じの内容となっており単純に読むものとなっている。聖亜がアニーをしよう!!とか閃いていたエピソードみたいな感じっちゃ感じで、抜けるものでは無く読むもの。抜きたい方は注意。

    とりあえずあとがきで単行本の作業に入るとの事なので個人的には楽しみで股間がはち切れそう。
    また、同じくあとがきにてX(Twitter)が凍結されて今はMiskyの方にいてX(Twitter)のアカを作り直そうか悩んでるそうなので近況調べたい方はMiskyで調べた良いかもです。

  5. 96猫 96猫

    聖亜goodbye

    俺は間違えなく、聖亜のファンだったのかもしれない。
    いろんな人が歌い手の闇と言い続けた作品ではあるが、これは光だよ。

    何十回、何百回とあの時と思い続けた男の夢を叶えそして望んだ道を進み、時には一生消えない傷を誰かに与えたかもしれない。
    それでも誰かの光だったよ。聖亜。

    最終回でまた会おう!!!
    聖亜good-bye

  6. こっちゃん こっちゃん

    エロ漫画界の伝説、帰還!

    出てるの知って、速攻で買って、まだ読んでいません。が、エロ漫画界の伝説が帰ってきただけで意味がある。心抉るエロ漫画を描ける数少ない天才のひとりだから。

  7. ようび ようび

    泣かせんじゃねーよ

    ここでようやく聖亜のオリジンが描かれたと言った感じではあるのだが
    彼がやったことは許されざることではあるのだが、壊れた人間が必死に走った結果があの当然の結末になるしかなかったのが哀しい
    そして二人の想いはすれ違ってしまっていた物の通じ合っていたのが救いだった
    刑務所から出たあと、聖亜は音楽に再び向き合うのだろうけどどんな風に向き合うのか楽しみである

  8. hiyoko hiyoko

    安心しました

    作品がどうのこうのよりも、作者の生存報告にほっとした。かなり突っ込んだ内容を描かれるので好みが分かれます。